Donico スタッフブログ

ヘアカラー 自分でやる人は気をつけて下さい

 

こんにちは。

 

ドニコ♪中村です。

 

ヘアカラー 自分でやる人が未だにいらっしゃいます。

 

そんな方々から、頂く色々な質問について今日はお伝えしていきたいと思います。

 

 

★白髪染め専用のヘアカラーをするタイミングは、生え際が白くなってからの方がイイ?

 

 

白髪が気になってヘアカラー剤で染めている人はもう当たり前の時代になりましたが、
白髪を染めるタイミングが難しいと思っている人はまだまだ多い様です。

 

 

と言うのも、生え際が白くなってから染めると、せっかく白髪が生えている事を
周囲の人に気付かせない様にしているのに、生え際の白いのが見つかって
誰かに指摘されるのが怖くて仕方がない!そうなのです。

 

確かに、デリカシーの無い家族や職場の上司などから指摘された時の
屈辱的な気持ちは、非常に苦痛を伴う可能性が高いでしょう。

 

 

そんなヘアカラーの繋ぎとして有効なのが、ヘアマニキュアや
ヘアカラートリートメントかも知れません。

 

 

ヘアマニキュアはシャンプー後にコンディショナーなどの代わりに付けるのですが、
髪を芯まで染めない表面的に色を付けるものなので、次にシャンプーするときまでは
色が付いていれば問題ないと考えている人にお勧めです。

 

ただ、髪の表面だけに色が乗っているだけの状態なので、
ドライヤーでしっかり乾かさない状態でいると服や帽子などに色が移ってしまったり、

指や爪などにも色が付いてしまう事がるので、ヘアマニキュアをした後は
しっかりドライヤーで乾かして定着させるようにしてください

 

一方ヘアカラートリートメントですが、こちらは染毛剤タイプと
ヘアマニキュアタイプの二通りあるので、パッケージに記載されている説明を
よく読んでから購入または使用して欲しいですね。

 

 

ヘアマニキュアだった場合は前述したとおりに注意して使って欲しいのですが、
染毛剤と記載されているヘアカラートリートメントの場合は、
ヘアカラー剤に近い感覚で使った方が良さそうです。

 

ビニール手袋をしてその手のひらに使う分だけの適量を出して、
白髪の気になる所に塗って10分程度待つのです。

 

この辺りが染毛剤特有の待ち時間と言うか、髪をヘアカラーの様に
一気に染めるのではなく何回かに分けて使う事により、徐々に染まって5日目頃には
生え際から普通に黒い髪が生えているように見えるのです。

 

市販のヘアカラー剤は刺激が強いので、あまり時間を空けずに使うと
頭皮へのダメージが蓄積して、

ある日ヘアカラーが使えない頭皮になってしまう可能性もあるんで
注意して使って欲しいですね。

 

最低でも、白髪染めを使う感覚は1ヶ月置き位にして、頭皮と髪を労わる様にしましょう。

 

 

Hair Room Donico ~ヘアールームドニコ~

〒599-8107
大阪府堺市東区白鷺町1丁21-5 1階

白鷺駅前、徒歩1分です。

☎ 072-287-2055

フェイスブックでは、ブログでは伝え切れない事も
ドンドン掲載しておりますので、コチラもあわせてご覧下さい。




Hair Room DonicoのLINE@がスタートいたしました。

友だち追加をして、たくさんの特典をGETして下さい♪

※LINE@会員様のみの特典になります。

スタート記念につき、友だち追加してくれた方全員に、
【20日間であなたの髪は眩しいほどに美しくなるPDF】を
プレゼントいたします♪
登録は、コチラからお願いいたします。